よくある質問

自動車保険

  • このカテゴリの回答を全て開く
  • このカテゴリの回答を全て閉じる

現在、他社の自動車保険に加入しています。無事故割引を引き継ぐことはできますか?

引き継ぐ事は可能です、運転環境や免許の色によっても保険料が変わりますので一度この機会に保険料のお見積もりをお勧めします。ただし一部引き継げない共済組合等もございますのでご相談ください。

友人の車でドライブに行こうと思っています。途中で運転を変わるかもしれません。慣れていない車を運転するのは不安なのですが、友人の車を借りて事故を起こしたときの補償はどうなりますか?

ご安心ください。契約者ご本人または同居しているご家族が契約されている自動車保険の他車運転特約が対象になります。臨時に借りたお車の保険に優先して使えますが、駐車中または停車中は補償の対象外となります。また、運転者限定や年齢条件がついた契約の場合は、条件を満たさない方の運転は対象となりませんのでご注意ください。

今まで事故に遭ったことはありません。もし事故が発生した場合はどうすればよいのですか?

ケガ人がいればまず救護してください。警察へ連絡をしてから、事故の状況や相手方の連絡先などを弊社にご連絡ください。適切なアドバイスをさせていただきます。事故現場で示談や口約束はしないようにご注意ください。

家族全員がそれぞれ車を持っています。まとめると保険料は安くなりますか?

割引制度がございます。2台以上であればご契約をまとめることで1%の割引、3台以上5台以下で3%の割引、6台以上で5%の割引ができます。一度、自動車保険を見直されることをお勧めします。

契約期間の途中で年齢条件を変更できますか?

途中での変更は可能です。お子さまが免許取得された場合など、年齢に合わせた条件に変更いたします(追加保険料が発生する場合があります)。逆に、契約期間中に誕生日を迎えられた場合、保険料をお戻しできるケースもありますのでご相談ください。

東京で一人暮らしをしている息子がいます。帰省した時に運転する場合、家族扱いになりますか?

はい。ご子息さまが独身(未婚)の場合は家族扱いになり、運転者家族限定特約をお付けすることができます。また、別居の未婚のお子さまは、運転者年令条件にかかわらず補償いたします。ぜひご相談ください。

事故で保険を使うと次回更新から保険料があがりますか?

基本的には、保険をお使いいただくとノンフリート等級(無事故割引)が3等級下がるので保険料があがります。保険を使った方がお得かどうかのご相談も行いますので、お問い合わせください。

なお、2013年10月1日以降に満期を迎えられるお客さまは、等級別の割増引率が「無事故」と「事故有」の2種類となり、同じ等級でも事故のなかった方とあった方では割増引き率が異なります。詳細をご説明しますのでお問い合わせください。

250ccのバイクを購入したのですが、ファミリーバイク特約はつけられますか?

いいえ。ファミリーバイク特約は、原動機付自転車(125cc未満のバイク)が対象となります。

自賠責保険(強制保険)だけではいけませんか?

法律上は問題ありませんが、自賠責保険は、1事故1名につき死亡3,000万円、後遺障害4,000万円、傷害120万円のみしか補償されません。また、対物賠償、搭乗者傷害は補償の対象外です。任意保険に入られることを強くお勧めします。

火災保険

  • このカテゴリの回答を全て開く
  • このカテゴリの回答を全て閉じる

建物と家財は別々に保険をかけなければいけないのですか?

建物とは別に家財をかける必要があります。建物のみにしか火災保険がかかっていなかった場合は、万が一火災に遭っても建物にしか保険金が出ませんので、建物と一緒に家財道具にも保険をかける事をお勧めしています。

最近ゲリラ豪雨で天気が不安定です。落雷でも補償になるのですか?

対象になります。実際に落雷で多く被害にあっているのは家庭用エアコンなどの電化製品です。建物以外の家財にも保険加入をお勧めします。

雪の重みで家の屋根が壊れました。火災保険で補償されますか?

対象になります。契約内容にもよりますが、火災保険は火災だけでなく台風による風水害、雪害なども補償されます。

もらい火で家が全焼した場合、出火先に損害賠償を請求できないというのは、本当ですか?

はい、本当です。失火の責任に関する法律(通称:失火法)により、故意や大きな過失があると認められた場合を除き、出火者は賠償する必要がないとされています。ご自宅はご自身がかける火災保険で守りましょう。

明記物件とはなんですか?

1個(1組)の価額が30万円を超える貴金属、宝石、宝飾品、骨董(こっとう)品やその他美術品をさします。これらは、家財には含まれないため、別途保険証券に明記して契約しないと補償を受けることができません。

地震保険だけでも契約できますか?

いいえ。地震保険は火災保険とセットでのご契約となります。

契約期間の途中でも地震保険を追加できますか?

はい。可能です。ただし、地震保険は火災保険とのセット契約となりますので火災保険をつけていない物件に地震保険をかけることはできませんのでご了承ください。

傷害保険

  • このカテゴリの回答を全て開く
  • このカテゴリの回答を全て閉じる

やけどやぎっくり腰は傷害保険の対象になりますか?

はい、対象となります。急激かつ偶然な外来の事故によるケガと認められた場合には、傷害保険の対象になりますが、以前から持っている腰痛は対象となりません。

傷害保険も生命保険のように高齢になるほど、保険料が上がっていくのでしょうか?

いいえ。ご高齢の方を除き、基本的に同じ職種の方であれば保険料は同じです。例えば、20歳の方と40歳の方でも同額となります。生命保険のように1歳ごとに保険料が違うということはありません。

傷害保険は職業によって保険料が異なるというのは、本当ですか?

はい。転職した場合は、ご一報ください。また、会社は同じでも、異動により、デスクワークから身体を動かすような職場になった(逆の場合も含む)などの場合は、保険料が変わる場合があります。

傷害保険でも入院費などが出ますが、生命保険との違いはなんですか?

基本的に傷害保険は骨折などのケガを、生命保険は成人病などの病気を対象としています。ご希望の保障内容に合わせた保険を一緒に検討いたします。

生命保険

  • このカテゴリの回答を全て開く
  • このカテゴリの回答を全て閉じる

最近CMでよく耳にする更新型ってなんですか?

保険期間が決まっていて満期になったら更新していくタイプです。当初の保険料を抑えることができますが、更新ごとに年齢が上がっているので保険料もあがります。

一度病気になると保険には入れないのですか?

かかった病名や入院期間などによっても異なりますが、告知でご加入いただける場合もありますし、既往症がある方でもお入りいただける商品もありますので相談ください。

先進医療も対象になる保険はあるのですか?

厚生労働大臣が承認している先進医療の治療費に加えて交通費、宿泊費をお支払いする保険があります。詳しくは弊社までお問い合わせください。

生命保険の保険期間には、定期型と終身型の2タイプがあると聞きました。違いを教えてください。

定期型は10年間など保障する期間が決まっている保険です。終身型は一生涯保障される保険になります。お支払いいただく保険料は、一般的に定期型のほうが安いですが、期間終了後に継続(更新)を希望される場合、保険料があがるので終身型と比べてどちらが得かは一概に言えません。ご希望をお聞かせいただき、お客さまにあった商品をご提案いたします。

解約返戻金とはなんですか?

保険を途中で解約した場合に戻ってくるお金をさします。商品の特性上、払い込んだ額よりも少額しか受け取れない場合もあります。

生命保険は種類が多くてよく分かりません。これというお勧めを教えてください

十人十色という言葉がありますが、お客さまによって、それぞれ生き方や考え方が違いますから、全ての人に当てはまるお勧めの保険はご案内できません。まずは、お客さまのことをお聴かせください。ご一緒に検討していきます。

告知義務とは何ですか?

保険に加入する際、お客さまの病歴や健康状態などを正確にお伝えいただくことが告知義務です。正しく告知をしなかったりすると、保障されなくなる場合もありますので正しい告知をお願いします。

その他

  • このカテゴリの回答を全て開く
  • このカテゴリの回答を全て閉じる

保険相談をしたいのですが、流れを教えてください。

ありがとうございます。まずは、ホームページのご相談フォームもしくは、お電話でご連絡ください。折り返し、弊社スタッフより電話させていただき、日時や場所を決めさせていただきます。

保険相談は、1回どれくらいの時間がかかりますか?

ご相談内容にもよりますが、個人のお客さまの場合、2時間程度の場合が多いです。

仕事の関係で、夜間や土日しか時間が取れません。平日の夜間や土日に相談や契約はできますか?

はい。事前にご連絡をいただければ可能です。

予約なしで伺ってもご対応いただけますか?

お客さま用の相談ブースが埋まっていたり、対応できる社員が外出していることもありますので、できるだけご予約をお願いしています。お手数ですが、事前にお電話またはメールいただきご来店ください。

保険相談にあたって、必要なものはありますか?

特にございません。ただし、すでにご契約の保険がある場合は、保険証券(コピー可)など、内容が分かる物をお持ちいただけると、現在ご加入されている保険も含めて具体的なアドバイスができます。

保険相談の場所はどこで行いますか?

基本的には弊社のご相談スペースで行います。ただし、ご希望により、お客さまの勤務先やご指定の場所にお伺いいたします。

保険相談を頼むと契約させられそうなイメージがありますが、大丈夫でしょうか?

ご安心ください。弊社ではお客さまのご希望がない限り、ご契約をおすすめすることはございません。もちろん、契約をしなかったからといって相談料などの名目でお金をいただくこともありませんので、お気軽にご相談ください。